これからインプラント治療を受ける方にとって重要な

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため症例数が多ければ多いほど良く、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。定期検診を受ける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが大事だと心得てください。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは多少の違和感があるといいます。腫れが引いた頃には慣れてきますので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。

それから、治療が失敗すると、場合によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。

障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、誰にでも当てはまることではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置をとっても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、直ちに歯科で診てもらってください。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療できるところが増えてきました。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。

虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。ブリッジでもいいですよと言われましたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛むことができるようになり私の場合は、インプラントが最適でした。一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならこの人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。治療の一部を保険適用にするだけでも、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

アフターケアが寿命を決定します。

毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。

人工物のインプラントでも、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすのが無難です。

日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動は当分控えてください。血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って話し合うと安心できます。インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。入れ歯で食べることに抵抗がある、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

義歯でも、見た目や使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを肝に銘じておくべきです。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。しかし、他の原因から生じることもあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることが治療を成功させるために必要です。

人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、歯周病には気をつけてください。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。

例えば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯を直接再生する治療と言えます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても治療費は相当変わってくるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

ここで重視すべきなのはインプラント治療経験者の口コミです。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

ほとんど全て自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。

安くできるケースで十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを承知しておく必要があります。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。

数々のインプラント治療の問題点について、皆さん、入念に調べたと思います。その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという問題はありませんでしたか。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてください。誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、自由診療なので、歯科医院ごとにずいぶん費用は変わってきます。治療が終わっても、ずっと定期検診があるといったことも他の歯科治療と異なります。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがそもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人は本当に少ないという点です。

見た目からしても、自分の歯のように義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。

前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。現実には、治療費といっても地域や、歯科医によって大きく異なります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。

参考サイト