あなたが浮気の調査をしなくてはなら

あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、調査内容により、さまざまではありますが、しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、本当に浮気なのかを調査員が1人で浮気が明るみに出てきたのなら、再度考えて浮気の証拠を掴むための調査を行う人数などの調査方針を決めることになります。浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、それだけ調査費用が節約できるわけです。

そうはいっても、浮気をしているときが把握していても、知人に相談して証拠の写真をゲットしてもらおうとしたって、成功することはほぼないはずです。知られずに証拠写真を手に入れるには人探しに頼むのが一番いいに決まっています。

着る洋服を見ることで浮気の実証ができます。

浮気をしている人に、明確に分かるのは変化していく服装です。

おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、いきなり服装に関心を持ったのであれば注意が必要でしょう。

今後、浮気をしそうな人がいたり、もう浮気の相手がいるかもしれません。

人探しには悪いところがなくても、依頼者側に落ち度があって、パートナーに気づかれてしまって、浮気調査が困難になり、証拠が揃わないこともあります。浮気調査を探偵に依頼しても、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。充分な調査が出来なかったときの費用についても、契約を交わす際に契約書に盛り込むことが必要なのです。

もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。

しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、二人の間に亀裂があったと認められる場合、慰謝料をもらうことはできません。

慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、夫婦の歳、結婚年数など様々な角度から検証して裁判官が判断します。調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発覚してしまった場合、離婚するかしないか決めかねますよね。

まずは落ち着いて、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、よく考えておくことが賢明です。

夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。浮気の事実を調べる為に調査依頼をする場合、相当低い料金設定であったり、高料金に設定されている事務所ではなく、細やかな料金設定がされており、事後に追加料金を支払わなくて良いような人探し会社を選択するのが良いでしょう。

そして、業者として届け出をしっかり行っているのか確認が必要です。法を逸脱した調査をしている探偵社には浮気調査の依頼をやめておきましょう。

車の目立たない場所にGPS端末を設置して、移動の様子を常時監視し、現在地を確認したり記録されたデータを後で読み出し調べたりします。普段、運転しないような人の場合は、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。そうすれば、相手がどこに行ったのかや何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。携帯電話の通話履歴から浮気の証拠が掴めます。

なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に使われるのが当然だからです。

最近はメール、LINEで連絡をする事も多くなりましたが、やはり、相手の声を聞きたくなるのは当たり前です。

ですから電話をする可能性も否定できないのです。

人探しに依頼するなどし、なにが出来るかと云うと浮気の証拠をつかむ事です。

相手がおかしいと思った時、自分で証拠を集めようとするでしょう。

ですが、浮気の決定的な証拠を自分だけで集めようと思っても、自分の行動が相手に見つかってしまう可能性が高いです。

なぜでしょう。

答えは簡単で、あなたの顔が相手に知られているからです。人探しは依頼するのにお金がいりますから、自分でやってみようとする人もいるものです。簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、現実とフィクションは違うもので、相手に違和感を感じさせなく、尾行するのは並大抵のことではないのです。

変に思われてしまえば警戒されるので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。

誤魔化せない証拠を掴みたいなら、プロに浮気調査をお願いするべきです。パートナーが浮気していると分かっても今後も、パートナーであり続けたいのなら密会の場面に行こうとするのはしないほうがいいでしょう。

浮気していることを指摘された結果、パートナーの感情を逆なでしてしまい、かえって、離婚という結果を招いてしまうことがあるでしょう。

その上、浮気相手との会話によってひどくイライラさせられてしまいます。不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を請求する場合には、尚更念入りに、相手への調査が必要ですし、間違いのない、裏切りの数々を見せられなければなりません。

それには人探しの浮気調査が有用で、不倫の証拠をプロならではの手段と方法で、映像に残して貰えますし、経験に裏打ちされた、間違いのない形で十分な証拠を届けて貰えるのです。

頻繁に掛かってきたり電話が掛かってきていたり電話番号があるとしたらそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性がとても高いと言えるでしょう。

そういったことに気付いたらその電話をしている相手を突き止めるだけでいいのです。しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、電話で浮気相手と連絡を取りあった後にはしっかりとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。レシート、クレジットカードを調べると浮気の証拠をみつけることもあります。いつもなら立ち寄らないようなコンビニの領収書をほぼ毎回視界に入ることが多くなったら、その周辺に普段から向かっていることになるでしょう。

そこで見続けていると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。成功報酬と言って誤解されがちなのは、例えば、浮気調査について依頼したとすると、その際の調査期間が3日間だった場合、その3日の間だけは浮気がなかったとすればその調査は成功として扱われてしまいます。実際には浮気していたとしても、その3日間だけ浮気が見つからなければ、浮気とは分からないまま、調査についてはそこで完了し、成功報酬としての料金を請求されます。探偵について、その特徴を考えると、怪しいと思われることを避けるために充分すぎる注意を払って目立たないように調査を進めるのに対して、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、先に身分や目的を開示してから表立った調査をしているようです。

そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と見てよさそうです。

なんとアルバイトの探偵がいる例があってしまうのです。探偵としてのアルバイトを調べてみると、求人情報が表示されます。

ここからわかるように、バイトに仕事をさせている探偵事務所も多くの例があるということです。

浮気の調査をお願いする場合には、個人情報を教える必要があります。でも、バイトだと正社員と違ってずっと続けているという保証はないですし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。

探偵が使うという追跡グッズとは 自分でも買えるものかと言いますと、購入することが可能です。追跡グッズは、一般にはGSP端末を用いることが多いのですが、これは誰でもインターネットなどで購入可能です。車両に載せてあるGPS端末というのは、車の盗難を考えた上でつけておくものですので、いかなる人でも購入できるのは当然です。

今までと違った格好をするようになったら、怪しいです。

趣味を浮気の相手のものに合わせようと考えていたり、わずかでも自分をよく見せたりしている場合があります。ある日から、服装が年相応でない色や柄のものを選択するようになってきたら、相当に危ない予兆です。

その中でも特に、趣味の良い下着を身につけるようになったら、浮気をしていることがありえます。浮気調査で先ずすべき事は、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。

浮気の痕跡が確かでない場合は次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。

もしも浮気が確かなこととなれば、ここで浮気相手が誰かを探ることとなります。仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、見張りなどの方法も用いて、浮気相手の素性を証拠として押さえるのです。

尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、安い料金で行うことができます。

よって、探偵に尾行依頼をするなら、日常からパートナーの行動を理解しようと観察することが大切です。

その中で、最も怪しい時間帯や曜日に尾行をしてもらうと、人探しのほうも手間が省け、お互いにとってメリットがあります。

ご自身での浮気調査がオススメできない理由は冷静でいることが難しくなってしまう危険性があるのです。

強い心を持っている人でも、実際の密会に居合わせてしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースが多く報告されています。

スムーズに物事を進めるためにも証拠を掴む可能性を高めるためにも、浮気調査は人探しに任せるのがオススメです。

人探しに浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。実費は交通費、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるでしょう。

時間給は、人数×時間で費用を算出します。短時間で調査を完了すると支払いも安くすみます。相手が全然知らないうちに、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、しっかりした機材と技術が必要になります。浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠とは認められません。

浮気の調査を探偵に任せると、薄型のカメラなども用いて覚られないうちに鮮明に写真におさめることができます。信頼できる人探し事務所を選びたいときには、ネットなどで口コミを調べるといいでしょう。

ここで重要なことは、依頼を検討している探偵事務所のHPに記載された口コミを見るのではなく、全く無関係の掲示板や専門の相談用サイトにアップされている口コミを確認するようにしましょう。その人探し事務所が管轄していない口コミの方が、ずっと信頼性が高いと言えるでしょう。

浮気調査の費用節約というと、できる範囲のことは自分で前もって調査をすることでしょう。調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。パートナーの行動を毎日記録するようにすれば良いだけです。毎日の出勤時間、帰ってくる時間、電話で誰かと通話していれば、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。尾行料金の相場はと言うと、調査員が何人かによっても違いますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。

当然のことですが、調査員が1人であれば安く、多くなるほど高くなります。また、尾行する際に移動のために車やバイクを使った場合、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認するべきでしょう。不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいのケースもあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、額は少なくなります。また、不倫相手の方が不倫の事実はなかったと主張する場合には必要なのは証拠です。

どの人からみても明らかな不倫の証拠が必要です。動きを記録しておくことで浮気の裏付けができることもあるでしょう。普通は、人間の一日一日の行動には決まりができるものです。

ところが、浮気をしてしまっていると、決まったパターンが崩れます。

その曜日や時間帯に着目し、特定することができたら、一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気の決定的な証拠をつかむ見込みが増えます。

参照元